企業には様々なセキュリティリスクが存在します。そういったものを考えてセキュリティを作成しましょう。

セキュリティターゲットを作成して上手に運用しよう
セキュリティターゲットを作成して上手に運用しよう

セキュリティを作成するときの注意

セキュリティを作成すると言うことは、あなたは何らかのネットワークに属すると言うことです。

なぜなら、ネットワークに参入しないのであれば、セキュリティを作成し、使用する必要が無いからです。

セキュリティを作るにあたって、あなたが注意しなくてはならないのは、何のために、どんなセキュリティを、誰に、どのような形で使ってもらうかを考えなくてはなりません。ネットワーク間で、セキュリティが必要となるならば、個人情報を扱う企業などがそれにあたるでしょう。個人のユーティリティコンピュータおよびネットワークのセキュリティならば、海外サイトか一部のサイトにアクセスまたはダウンロードしない限り大丈夫ですから、外部ネットワークからの不正アクセス攻撃に対する対策として、ファイアウォールなんかを設置しておけば大丈夫です。

念のためにウイルスクリーナーなんかもインストールしておけばまず安全です。

企業の場合、個人間のネットワークと言うわけにはいきませんから、誰かがこぼした飲み物ですらセキュリティリスクになりかねません。
しかし、一番怖いのは、悪意ある第三者による不正アクセスです。

企業には知られたくない情報がたくさん存在します。
その中でも、個人情報は無いが何でも守らねばなりません。ネットワーク間では相手の顔や声がわかりません。したがって、企業のLAN内にウイルスを仕掛け、IDやパスワードを奪い、成りすましを行うものもいます。
そういうことを考えて、セキュリティを作成しましょう。

関連記事・情報