セキュリティを作成するときのコツは、どのようなセキュリティリスクがあるかどうかを明確にすることです。

セキュリティターゲットを作成して上手に運用しよう
セキュリティターゲットを作成して上手に運用しよう

セキュリティを作成するときのコツ

セキュリティを作成するときに注意しなくてはならないのは、どこに、どんなセキュリティが必要なのかと言うことを明確に知っておくことだと思います。
セキュリティと言っても、セキュリティリスクをすべて回避することは出来ません。外部インターネットからの不正アクセスもそうですが、自然災害、さらに言えば、誰かがこぼしたコーヒー一滴ですら、セキュリティリスクになるのです。

それらをすべて回避することは出来ません。ならばどうすれば良いのでしょうか。簡単です。

大事なデータだけを守ればいいのです。

セキュリティをかけるところを限定し、それを守ればいいのです。

そのために、最初に言った、どこに、どんなセキュリティかければいいかを明確に知っておくことが必要なのです。

まず、セキュリティをかける場所ですが、重要なデータを保管しているところ、つまりは、サーバ、ストレージデバイス、などです。

重要なデータと言うのは、個人情報、マスターデータなどの情報資産をさします。
それらをセキュリティリスクからまもらなければならないということをまず理解しなければなりません。そして、それを守るためのセキュリティですから、それらに対するどのようなセキュリティリスクがあるのかを知らなければならないのです。

例えば、セキュリティリスクの一例としてハッカーやクラッカーがいます。
ハッカーやクラッカーは、やはり重要なデータを狙ってきます。
そこで、アクセスさせない、と言う手段が有効になってきます。
そんな感じでセキュリティをかけていけばいいのです。

関連記事・情報